各種フローリング、不燃壁面材、特殊木製加工品 輸入製造販売 株式会社モリアン

FLAT フローリング(置床式) 施工ガイド

 

 

床暖房をご使用される場合

 

1 施工前にあらかじめ仮並べをして、両端をカットする割振り寸法を確認しておきます。

 

2 施工する床の下地が水平になっているか確認します。

 

3 不陸調整、湿気調整のために下地マット(別売り)を敷きます。

 

4 一列目の板材は、凸(オン)実部分を壁に向けて長手方向に左から貼り始めます。

 (壁側の長辺、短辺オン実部はカットしておきます。)

 この時、確認した割振り寸法に短辺方向もカットします。

 クサビなどを利用して壁との間にクリアランス(隙間)をとっておきます。

 (床を貼る部屋幅1mに対して、1㎜以上のクリアランスが必要)

 糊は必要に応じて、凹(メン)実上部に薄く長く塗布して下さい。

 

5 一列目の最後は壁までの距離から、前にとったクリアランス距離分を引いた寸法に

 カットしたものを貼って下さい。

 

6 二列目のはじめは、一列目の最後にカットした端材を使います。

 

 ◎利用できる端材の長さは、約 400 ㎜以上を目安とします

 

7 二列目以降は、長辺側をはめ込んだ状態(クサビなどで少し浮かしておきます)で、

 短辺(エンドマッチ)側をあわせて上から押さえて施工していきます。

 カチンと音がするまで押さえます。

  ※施工中の床の上には、極力乗らないようにして下さい。

 

8 見切りを 8mから 10mごとに使用して下さい。

 

9 最後の列は凹(メン)実部をカットし、軽くたたいて

 押し込んで下さい。

 (割振り時の寸法にカットしておきます)

 

10 床の施工が完了後、クサビを外してクリアランスを

 ふさぐ様に巾木を壁に貼ります。

 

11 壁際は、反りなどを考慮し、両面テープで固定することを

 お勧めします。

 

2015 MORIAN Co., Ltd All Rights Reserved.